製造技術 単結晶ダイヤモンドの応用

  1. HOME
  2. 製造技術
  3. 単結晶ダイヤモンドの応用

ダイヤモンドの優れた特性である、高硬度・高熱伝導率・高屈折率等を活かし、
様々な応用分野での要求にお応えします。

Expanding Applications of Single Crystals広がる単結晶の応用分野

広がる単結晶の応用

ダイヤモンド宝石

プラズマCVD法で製造する合成ダイヤモンド宝石の多くは、0.3mm程度の厚さの種結晶を使用し、数mmの厚さまで成長させます。これをレーザー切断や研磨を行って宝石に仕上げます。当社は、大きさが4×4mmから11×11mmの種結晶を供給しています。

研究用ダイヤモンド基板

ダイヤモンドデバイス研究等の結晶成長用基板として、広くご利用いただけます。単結晶なら10x10mm以下、モザイク結晶なら25x25mmまでの基板を提供しています。厚さは30μm~3mmの広い範囲が製作可能です。結晶方位は、(100)が基本ですが、(111)や(110)面も供給しています。研磨については、通常(Ra<5nm)と精密(Ra<2nm)の2種類があります。X線ロッキングカーブ半値幅を制限した高品質結晶、オフ角制御、Bドープエピ膜等の各種基板ご要求に対応しています。

ヒートシンク

半導体レーザーやパワーデバイスでは、自らの熱による性能低下、さらには故障につながる危険性があります。熱伝導率の最も高いダイヤモンドは、放熱材料として優秀である以外にも、薄く、小さいことから余計なスペースを必要とせずに組み込むことができます。また当社では、デバイスを接合するために金属層(メタライズ)で覆って提供することも可能です。

光学部品

ダイヤモンドは紫外線から遠赤外線まで、広い範囲の光を透過できるため、光学部品として用いることができます。高熱伝導率で低膨張率のため、高エネルギー密度の電磁波入射にも耐えられます。X線透過窓などでは、透過損失を小さくする極薄板の製作も可能です。

精密切削工具

精密加工用の切削工具や耐摩耗工具で、従来の単結晶では難しかった長尺刃を実現できます。10mm以上のエッジを持つ素材は、当社のみ供給することができます。

お問い合わせ

EDPの技術・製品に関するご質問・お問い合わせは
お気軽にご連絡ください